過失の割合がどうなのか

自動車での事故があった場面で、自分自身が自動車の事故の被害者だとしても先方が過ちを一切納得しないという事例は多数聞くことがあります。ガールズチャット

意図的に起こしたかったのではなく少し他のことに気がいったことで乗っていた車を激突された際に、そういった水掛け論に結果なってしまう危険性があります。コディナ アロエジェル

かといってそこで車だけの物損処理されて、何ヶ月か後に異常が現れた際に、医師に作成してもらった診断書提出するということは対処が遅れる事は否めません。マイクレ

そうであるならば、自動車の事故の過失割合の確定にはどんな判定基準が存在するのでしょうか?厳密に言えば警察が判断するのは、自動車事故の原因が存在するのはAかBかという事であり、過失割合ではありません。ロレックス(ROLEX)腕時計

その上、明確にされた事故責任者が警察から公表されるという事はないです。職場への在籍確認

過失の割合がどうなのかは事故に関わった人たちの協議の結果によって決定され、この事が損害賠償額のベースとなる訳です。サクナサク

この場合、両者共に車の任意保険に入っていない場合には、当事者がじかに協議しなければなりません。コンブチャクレンズ

しかしながら、当然ながらこういう協議では、短絡的な応報になる可能性が多くなります。

お互いの主張に差があればまかり間違うと、係争にもつれ込みますが、その場合長い年月と裁判費用計り知れない負担となります。

そのため概ね、各々の事故当事者に付く自動車保険会社、そういった各々の自動車の保険会社に交渉を委ねる措置で、相当な過失割合を丁寧に決めさせます。

このような際自動車保険会社は、それまでに起こった自動車事故の訴訟の判断から計算した認定基準、判断例などを基に推測と協議をして過失の割合がどうなのかを算定します。

と言いつつも、車の事故では、不幸にも関わってしまったのか起こしたのかには関係なく真っ先に警察を呼ぶのが大切です。

その後自動車の保険会社にやり取りをして、その先の対応を委任するのが順序となります。

ちゃんとした順序さえ把握しておけば両者の建設的でない議論となる状況を回避できるに違いありません。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.cesarelivre.org All Rights Reserved.