売り買いの回数を積む事で

実際にノートパソコンの画面の前で、絶えず上下している相場をご覧になっていると、直ちに売買をせずにはいられなくなるという思いに煽られる場合も多いです。

しかしながら、不明瞭な直感でエントリーすることは絶対にしてはいけません。

確かに、外国為替相場は昼夜を問わず、休みなくいずれかのマーケットはやっているし、市場もいかなる時でも動いています。

そうであっても、立て続けに売り買いをするとその回数分だけ損をする危険性が高くなってしまいます。

当然、売り買いの回数を積む事で、次第に勝利する確率か50%、50%に近づくのは事実です。

でもこの事は「明確でない思いつきでトレード」することとは別の問題です。

注文回数を増やすとは自分が「ここは勝てる」と思いついたチャンスを得たうえでのエントリー回数を積み重ねるという事を言っています。

理由がなく、のべつ幕なし注文を積み重ねるのとははっきりと異なります。

外国為替市場の戦いに敗北しないためには、自分がけじめをつけることこそが大事だ。

「ここは勝てる」と思った為替相場の時には、迷うことなく所持ポジションを積み増して、思い切り儲けを求めます。

「明らかに悩ましい外国為替相場でどう推移するのか思いつかないな」と思案した時は、潔く売買ポジションをすべて諦めて黙っています。

それぐらいのメリハリをつける方が最終的にトレードは儲けられます。

外国為替市場の金言には「休むも相場」という言葉があります。

実に言葉どおりです。

FXとは、常にポジションを持つことが大事ではなくどのポジションも持たずに何もしないことも時には相場なのである。

それならば、どういう場面で休めばよいのだろうか。

最初に考えられるのが、前述したように、これから先の外国為替市場が曖昧で見通しがきかない時です今からドル高になるのか、ドル安になるのかが決める事が出来ない時は間違って判断すると、自分自身で考えたストーリーとは逆に外国為替相場が動いてしまい、損してしまいます。

そのため、こういった状況ではポジションを減らしてそのまま静観しているのがいいと思います。

もうひとつの場面は、己のコンディションがすぐれない時です。

体調と相場に影響ないと考える投資家もいると思いますが思いのほか関係あります。

体調があまりよくなければ為替相場の判断しなければいけない場面で、落ち着いた判断を下すことが出来ない場合が多くなります。

興味がわかない時はトレードから離れてみるのも大切な事です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.cesarelivre.org All Rights Reserved.