市町村役場の受付で

自動車を売る時、そして中古車の買い取り時も印鑑証明が必要です。http://www.smart-mobility-asia.jp/

この印鑑証明に関して説明しましょう。

印鑑証明という書類は、ある印鑑が実印であるということを保証する目的のものです。

この印鑑証明がないのであればその印鑑が実印として効力を持つということが証明できません。

大きなお金が動く売買になる愛車の売買のため必然的に実印が要ることになりますがそれと一緒に印鑑証明書が要るのです。

この印鑑証明を発行するためにはまずは印鑑証明をすることが必要です。

登録する印鑑は通称、実印と言われ同じものが二つとないはんこでなくてはなりません。

この実印を持って、市町村役場の担当部署へいけば、印鑑登録をすることができます。

印鑑登録の手続きが完了すると印鑑登録カードなるものを発行してもらえて、印鑑登録手続きをした印鑑は実印として使えるようになったということになります。

印鑑証明を発行してもらうには、市町村役場の受付で、印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要事項を書き込んで印鑑登録カードを持って行く必要があります。

さらに、自動交付機を使って印鑑証明を交付する事が可能です。

印鑑証明そのものには有効期限などはありません。

ですからいつ取得した印鑑証明だとしてもその効力は消えないのです。

しかし、中古車買取の際は必須条件として現在より3ヶ月以内に発行された書類とされています。

通常は有効期限などはないですが、クルマ買取の際は業者側が期限を設定していますので、仮に中古車買取の予定があるのならば、事前に持っておくとよいでしょう。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.cesarelivre.org All Rights Reserved.