www.cesarelivre.org

自己破産の手続きまで裁判などの法によった行為は認められています。そして自己破産申請の作業に進んで以降、申し立てまでに無駄な時間がかかってしまったときには債権人に提訴される確率が上がります。債権保有者サイドにとっては未納分の返納もされずに、それでいて自己破産などの法律上の作業もなされないといった状況だと業者内部での処理を行うことができなくなります。要するに裁判が終わり裁決がもたらされようが自己破産についての申請者に借金を返す力はありません。取り立て屋もそういうことは納得しているので、訴訟などの威嚇行為で上手に和解にさせ完済させるとか本人の血族に返済してもらうということを目標にしている際も見受けられます。(補足)平成17年からに改正がなされた新しい破産の法にもとづき自己破産の申し立て後は差し押さえというような法律上の要請に関しては効果を失うことになりました。したがって、前の破産法の時とは違い訴訟の提起をしても無駄なと予想されるとして、実際、訴訟行為をしようとする取り立て業者はまったくなくなると考えます。そういう文脈でも、平成17年の1月1日に改正され自己破産制度は過去以上に使用しやすくなったと思います。督促状による場合についてですが督促というのは、司法が借金人に向かって残額の完済をせよという通知です。普通な審議をするプロセスとは異なって取り立て業者の片側通行な意見を聞いて進むため一般の審議のように期間と裁判料金がかからないので債権者がよく用いる法的な手法です。督促の申し立てがあったら裁判所からの手紙が来る手はずになって、その通知が送られてきてから14日が経つと取り立て屋は負債人の私財(給与債権を対象とする)に対して差押え行動が実行可能になるのです。支払督促に対し異議の申し立てを送ることができれば、一般の審議に様変わりすることになります。(補)普通な争いは時間がかかりがちなものですから、免責が出るまでには裁定が知れない確率が高くなることに注意です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.cesarelivre.org All Rights Reserved.