www.cesarelivre.org

クレジットカードを所有していると毎月、加入会社から利用代金明細の通知があります。これら利用明細書を保管しておけばどこで何時何分にカード決済でいくら分使用したのかというような細かな内容が一覧表になっているため以前クレジットカードを利用した購入履歴を見るのが容易で使いやすい。代わりとするのはある意味使いにくいだろうと思いますが、出納帳みたいなものにすることも難しくないので、貯金管理がもっとやりやすくなるはずです。それにいま言った利用明細が届いてから通常は2週間程度で決済金額の引き落としがされるわけです。送られてきた明細書を注意していて思わず疑問に思う決済、例をあげると行ったこともない場所がリストにあれば、クレジットカード会社に電話をかけて調べてもらえば済むんです。それで偽造による乱用などのありえない利用が発見されたようであってもクレジットカードユーザーにミスがないようなら、多くの事例においてはカード会社がその類の正当でない項目を削除してくれます。ここ数年ではこういったクレジットカード利用明細をネットで照会できるクレカが普通になっています。どこでいくらで決済したかを確認しておく決まりにして不正利用を防ぐのはもちろん出納帳代わりにもぴったりで預金管理も可能です(ホームページでカード履歴を見ることがOKなカード会社は以前の利用額や利用可能ポイント数などが確認できます)。クレジットカードは上記の視点からも有益なモノだと言えます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.cesarelivre.org All Rights Reserved.